連続殺人鬼 カエル男 中山七里著 宝島社文庫

著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、「さよならドビュッシー」で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を獲得し、その翌年、48歳で小説家デビュー。代表作には、「さよならドビュッシー」などの「岬洋介シリーズ」、「贖罪の奏鳴曲」にはじまる「御子柴礼司シリーズ」があります。

あらすじ 埼玉県飯能市にあるマンションで、女性の死体が発見された。傍らには、「きょう、かえるをつかまえたよ。はこのなかにいれていろいろあそんだけど、だんだんあきてきた。おもいついた。みのむしのかっこうにしてみよう。くちからはりをつけてたかいたかいところにつるしてみよう」という、子どもが書いたような稚拙な犯行声明文が。これが、近隣住民を恐怖と混乱に陥れる殺人鬼「カエル男」の最初の凶行だった。警察の捜査がなかなか進まない中、次々と事件が発生し、その法則性が明らかになると街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続ける「カエル男」の目的は? そしてその正体は?

かわいい表紙に惹かれて購入しましたが、表紙からは想像もつかないくらい残虐で過激な内容でした。表紙のようなカエル男は出てこず、ポップな感じも一切ありません。ありがちなミステリーかと思いきや、刑法第39条をテーマに、虐待や暴動などいろいろな要素が盛り込まれ、ラストまで一気に読むことができました。小説はフィクションですが、現実で同じような事件が起こったとしたら、きっとそれ以上のことが発生するんだろうなと思います。悲惨な事件が起こるたび問題に取り上げられる精神鑑定や人権問題に対する、当事者と一般大衆の温度差を細かく描いた、「難しい問題だな」と深く考えさせられる作品です。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る