苦しい時にこそ楽しむ

 物心付いた頃から阪神タイガースファン。負けても負けても懲りずに40年以上応援している。「今年は強い」と思わせてくれたシーズンは数えるほどで、ゴールデンウィークが過ぎた頃には決まって定位置のBクラス。小学時代に巨人ファンとのちょっとした言い争いになると、いつも劣勢に追いやられていた。

 ところが、今年は16日現在で3つの貯金。首位まで3ゲーム差の3位に付けている。後半の追い込み次第では優勝も狙える位置だ。試合を見ていて感じるのは、矢野監督の明るさ。本塁打や守備の好プレーなどが出ると、ベンチで笑顔を爆発させている。以前に指揮を執った野村監督では考えられないようなガッツポーズも飛び出す。その雰囲気がチームの好調につながっているのかもしれない。

 プロの勝負の世界。負けが込んで、眠れないような日もあるだろう。もちろん、テレビ画面に見せる姿がすべてではないと思うが、以前にインタビューで「苦しい時にこそ楽しむ。苦しい時だからこそベンチで声を出す」と話していた。行動に移すのはなかなか難しい。

 誰にでも辛いことはある。プレッシャーに負けてしまいそうになることもある。年齢を重ね、責任のある立場になればなおさらだ。そんな苦しい時、どれだけ前向きな気持ちを持ち続けることができるか、問題から逃げずに向き合うことができるか。それは言うまでもなく大切なことだ。しかし、「いずれ時間が解決してくれる」と、あまり考え過ぎず、日にち薬に頼るのも大切ではないか。そう思えば幾分、苦しさを楽しむことができるのかもしれない。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る