紀州うめ研究協議会がカミキリ調査

 桜や梅などを枯らす害虫クビアカツヤカミキリの侵入を防ごうと、県うめ研究所やJA、みなべ町などでつくる紀州うめ研究協議会は27日、みなべ町内で現地調査を行った。外国から侵入した害虫で、幼虫が幹を食い荒らして枯らす。梅の産地を守ろうと、町内全域の20カ所で害虫が好む桜を1本ずつ確認。梅生産者にはチラシで啓発しており、産地全体で早期発見に取り組んでいく。

 うめ研究所、JA紀州、日高振興局、町うめ課、県林業試験場の職員が参加し、2班に分かれて海岸筋から山間部まで20カ所で桜の木を調査した。

 クビアカツヤカミキリは2012年ごろに愛知県で初めて確認され、現時点で和歌山県内で被害は出ていないが、大阪府や徳島県など隣接地域では被害の報告が出ている。成虫は3~4㌢で、名前の通り首付近が赤いのが特徴。桃、桜、梅を中心に果樹を好むとされる。繁殖力が強く、樹皮に大量の卵を産み付け、幼虫が幹を食い荒らして1本丸ごと枯らしてしまうという。蔓延すると手がつけられないため、早期発見、駆除が重要で、調査することにした。梅に関しては農家にチラシを配布しており、今回は梅よりも好むといわれる桜を調べた。

 島ノ瀬ダムでは100本以上を調べ、続いて高城中学校や高城小学校に植えられている桜を調査。幼虫が幹を食べたときに出すおがくず状の「フラス」がないか入念に調べ、サンプルを持ち帰るなどした。

 うめ研究所の江畑真美研究員は「産地に広がらないよう、調査して早期に見つけることが重要。成虫や、木の回りに特徴である大量のフラスが排出されているのを見かけたら、すぐに連絡してほしい」と協力を求め、産地全体での取り組みを呼びかけた。連絡はうめ研究所℡0739―74―3780、日高振興局℡0738―24―2926。

写真=高城地区で桜の木を調べるうめ研究所職員ら

関連記事

フォトニュース

  1. スクラムが大事

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る