私の体験を知ってもらえれば

 和歌山市中之島の童話作家、太田甲子太郎(かしたろう)さん(70)が、自身の交通事故体験を基に執筆し、わかやま新報に連載した小説『「6」からの誕生日プレゼントは生命(いのち)』を、和歌山新報社から出版した。事故から入院生活、回復まで、「6」にまつわる不思議なエピソードを交えながら展開する物語。太田さんは「思ってもみない理不尽な体験だったが、希望を捨てずにリハビリに励めば、社会生活を送れるまでになった。このつらい体験を少しでも皆さんに知ってもらえればうれしい」と話している。

 2016年6月から11月までの連載に加筆し、一冊にまとめた。挿絵は「そらねこ」さん、中西瑞季さんが担当。

 太田さんは14年(平成26)、66歳の誕生日でもあった6月30日の午後4時(16時)ごろ、市内を自転車で走っていたとき、信号を無視して走ってきた車に衝突された。

 骨盤やろっ骨を折り、肺にも穴が開くなどの重傷を負い、気づけば集中治療室にいたという。手術は6時間かかり、全治6カ月、666号室に入院するといった、「6」に関係する出来事が多く、不思議な運命に導かれるようだったという。

 事故直後は先が見えない不安や苛立ち、焦燥感にかられ、「現実として受け止めなくてはと思いながらも、何度夢であってほしいと思ったか分からない」と病床での日々を振り返る。

 いつか自身の体験を文章にまとめようと、毎日の出来事を詳細に記録し、小説では、入院患者の人間模様や回復までの自身の感情の機微、心の変化などを細やかに描写。さまざまな患者と心を通わせるエピソードなども盛り込まれている。

 大変なリハビリにも耐え、奇跡とも言える回復でほぼ完治したいま、昨今の交通ルールを無視した運転や、高齢ドライバーの事故にも心を痛める。「僕が体験したことは誰にでも起こり得ることですが、周りの人には同じような体験をしてほしくない。他人の人生を狂わせることなので、車を運転する人は交通ルールを守る意識を持ってほしい」と切に願う。

 最近は絵本の制作や作詞・作曲にも力を入れる太田さん。「僕の使命は書くこと。一度は死んだようなもので、生かされた命を大切に、前へ進んでいきたい」と話している。

 A5判、100㌻、500円(税込み)。ぶらくり丁のカフェ「ル・ボンン」や番茶屋、レモネードカフェのほか、宮脇書店ロイネット和歌山店などで販売。問い合わせはメールで太田さん(daminkutsu@gmail.com)。

写真=出版した小説を手に太田さん

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る