瑕疵借り 松岡圭祐著 講談社文庫

「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。

内容 吉田琴美は早くに両親が離婚、働く母を助けるため奨学金で大学に通いながらコンビニで働いている。

イブの夜。店長に「外に販売台を置いて売り切れ」と命じられた琴美は寒い中で売り声を響かせるが、7個残ってしまった。1個3000円、自腹で買い取ると2万1000円。暗い気持ちになった琴美の前に中年男性が立ち止まった。やせて温和な目をしている。よく見る顔だった。「ノルマまであと何個?」「えっ」驚く琴美。いつも真面目によく働いている様子を見ていたという彼は琴美から数字を聞き出し、こともなげに7個を購入した。

「職場の仲間にあげる。すぐ近くだから持って帰れるよ」7つの箱を重ねて持ち笑顔で去った男は、琴美の胸に温かいものを残した。
その後も店に立ち寄り、琴美の姿を認めては笑顔を見せる彼。つらい時も、彼が来るかもしれないと思うと気持ちに張りができた。

だが、彼が福島第一原発近くの出身と聞きつけた店長が失礼な態度をとり、そんな日々に暗い影が射し始める…。(土曜日のアパート)
あまり例のない不動産ミステリー。瑕疵(かし)物件、つまり問題のある部屋をモチーフに、4つの物語が展開。探偵役の「瑕疵借り」専門、藤崎は細身でぶっきらぼうにしゃべる目立たない若者。しかしわずかな手がかりの意味を的確に見抜き、その物件の真の様相を正確に探り出す。賃貸住宅を軸にして、働き方や現代社会の家族のあり方などにスポットを当てる。一種の社会派作品といえるかもしれません。
最初の「土曜日のアパート」は泣けました。

関連記事

フォトニュース

  1. どーもどーも、幸子です~

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る