瑕疵借り 松岡圭祐著 講談社文庫

「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。

内容 吉田琴美は早くに両親が離婚、働く母を助けるため奨学金で大学に通いながらコンビニで働いている。

イブの夜。店長に「外に販売台を置いて売り切れ」と命じられた琴美は寒い中で売り声を響かせるが、7個残ってしまった。1個3000円、自腹で買い取ると2万1000円。暗い気持ちになった琴美の前に中年男性が立ち止まった。やせて温和な目をしている。よく見る顔だった。「ノルマまであと何個?」「えっ」驚く琴美。いつも真面目によく働いている様子を見ていたという彼は琴美から数字を聞き出し、こともなげに7個を購入した。

「職場の仲間にあげる。すぐ近くだから持って帰れるよ」7つの箱を重ねて持ち笑顔で去った男は、琴美の胸に温かいものを残した。
その後も店に立ち寄り、琴美の姿を認めては笑顔を見せる彼。つらい時も、彼が来るかもしれないと思うと気持ちに張りができた。

だが、彼が福島第一原発近くの出身と聞きつけた店長が失礼な態度をとり、そんな日々に暗い影が射し始める…。(土曜日のアパート)
あまり例のない不動産ミステリー。瑕疵(かし)物件、つまり問題のある部屋をモチーフに、4つの物語が展開。探偵役の「瑕疵借り」専門、藤崎は細身でぶっきらぼうにしゃべる目立たない若者。しかしわずかな手がかりの意味を的確に見抜き、その物件の真の様相を正確に探り出す。賃貸住宅を軸にして、働き方や現代社会の家族のあり方などにスポットを当てる。一種の社会派作品といえるかもしれません。
最初の「土曜日のアパート」は泣けました。

関連記事

フォトニュース

  1. お元気ですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る