燃えよ剣 上・下 司馬遼太郎著 新潮文庫

1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で150年になります。本作は1962年(昭和37)11月から64年3月にかけて週刊文春で連載され、これまで何度かテレビドラマ化されました。来年はおととしの「関ケ原」と同じく、岡田准一を主演に据えた原田眞人監督の映画も公開されます。

あらすじ 上巻は幕末の動乱期、武州多摩の百姓育ちの土方が武士になりたいという熱い想いを胸に、同じ田舎の芋道場の先輩近藤勇、後輩の沖田総司らとともに京都へと向かう。幕府の後ろ盾を受け、水戸藩浪士の芹沢鴨らと合流して新選組を結成した土方は、組織強化のため「鬼の副長」として統率力を発揮し、京都の町で討幕派勢力制圧に活躍する。下巻からは政権が幕府から朝廷に移り、王政復古の大号令で世の流れは一気に倒幕へ。1867年(慶応3年)12月、近藤が伏見で襲撃されて負傷し、代わりに土方が率いた新選組(幕府軍)は鳥羽・伏見の戦いで敗れる。江戸に戻ってからは沖田の病気が悪化。さらに近藤が官軍に捕まり斬首され、土方は隊を洋式軍化、陸軍と海軍に分けて宇都宮、会津、箱館へと転戦していく…。 

最後の戦の日、土方は死んだ近藤、沖田のもとへ行くことを心に決め、箱館政府の陸軍奉行ではなく、新選組副長として単騎、敵陣に斬り込んでいきます。銃弾に斃れ10年以上たって、恋人のお雪が土方の墓碑が建てられている寺を訪れたとか。最終章「砲煙」は喧嘩師土方の男としての生きざま、武士としての死にざま、時流に逆らう侠気の描写に作者司馬遼太郎の筆が冴えわたり、ラストのたった2行でそれまでの長い物語のすべてが、まるで夢を見ていたかのような感覚に陥ります。

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る