温かいおもてなし

 今月1日に日高川町の寒川地内で開催されたイベント「寒川ワンダフルナイト~ホタルと竹キャンドルの夢のコラボ~」に行ってきた。2011年9月の台風12号豪雨被害からのホタル復活を願う4年目のイベント。多くの家族連れらが詰めかけ、にぎわっていた。

 昼の部はアユのつかみ取りなどがあり、子ども向けの内容。アユのつかみ取りには5歳の娘も参加させてもらい、楽しく過ごさせてもらった。午後7時開始の夜の部では寒川邸と寒川神社周辺に昨年より1000個多い約5000個の竹キャンドルが登場。明るいうちに会場へ到着すると、竹にミッキーマウスのような形のくり抜きが見られ、来場者を飽きさせない工夫もあった。日が完全に暮れると、竹筒などにともされたロウソクが幻想的に暗闇を照らし、思っていた以上の光景にうっとり。一般の来場者も大満足だったのではないだろうか。

 「ホタル復活を願う」という思いを観光に生かすというのが、素晴らしいアイデア。それに、これだけの準備を地元区の有志が中心になって担うというのも、すごい熱意だと思う。自然と昭和の時代を感じさせるレトロな風景。「泊まりで来て、ゆっくりしたい」と妻や娘も喜んでいた。

 特集用に写真を撮っていると、「ぜひ、参加してください」と気さくに声をかけてくれた。娘がアユを取れずにいると優しいスタッフがすぐに2匹捕まえ、袋に入れてくれた。食事を提供するスタッフらの温かいおもてなしも印象に残り、来場者の心をつかんでいたように感じた。筆者はスリッパ(ホタルッパ)飛ばしに参加し、上位入賞、賞金をゲット。「また来年も」と思わせてくれるイベントだった。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る