東京でわかやま物産展 みなべの梅干しが人気

 日本郵便㈱と県が共催した「わかやま観光物産展」が1、2の2日間、東京都千代田区のJPタワー・KITTEで開催された。県内23店舗の逸品を集めた物産店は大人気で、中でもみなべ町が誇る南高梅の梅干し、御坊の金山寺みそ、印南町特産のミニトマト赤糖房など日高地方の特産が好評。初のイベントは和歌山の魅力をPRする絶好の機会となった。

 日本郵便は地方創生に取り組んでおり、地域の魅力を広く発信することで地域活性化につなげようと初めての試み。県の協力を得て共催で開催した。

 会場の1階は、23店がずらりとブースを設け、人だかりができる人気ぶり。日高地方からは、梅干し業界で初めてはちみつ入り梅干しを開発した㈱梅一番井口(みなべ町)が紀州南高梅はちみつ入り梅干し「黄金漬」、創業以来70年以上にわたり梅の里でこだわりの梅製品を作り続けている㈱梅翁園(みなべ町)が「どでか梅」、創業明治39年、伝統の手法を守り変わらぬ昔づくりを続けている㈱やまだ(御坊市)が「昔造り紀州金山寺味噌」などを出品。県農は赤糖房を販売し、いずれも多くの客でにぎわった。

 いまが収穫真っただ中の南高梅を使った梅シロップづくりの無料ワークショップも好評で、梅酒ソムリエによる本格梅酒の楽しみ方講座、きのくにフレンズのフォトセッション、わかやま観光PRクイズなど楽しい催しも盛り上がり、県インスタグラムイメージガールの本谷紗己さんも来場して各ブースを回って来場者とふれあうなど、観光PRに一役買った。

 物産展を企画運営した日本郵便プロジェクトチームに加わったみなべ町の郵便局長は、「郵便局が地域創生に一役買えた。来年からも続けていければ」と話した。

写真=多くの人でにぎわった観光物産展

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る