日高町で戦争体験聞く集い

 日高町中央公民館で2日、同町平和を願う9条の会(田中薫世話人代表)主催の「戦争体験を聞くつどい」が開かれ、町内外から訪れた約40人が阿尾の木村力之助さん(92)ら昭和の戦争を体験した4人の話に耳を傾けた。

 海軍軍属として海中に敷設された機雷や不発爆弾などを捜索して除去する掃海に従事していた木村さんは、1944年(昭和19)6月ごろ、大阪港の天保山付近で3隻一組の掃海艇のうち一隻に、撃墜されたB29の機体が直撃した。50人乗りの掃海艇は沈没、懸命に仲間を救助しようとしたが、結局、引き揚げることができた遺体は約30体。海面で助けを求め手を振っていた兵隊は、引き揚げてみると下半身がなく、地獄のような惨状だったという。「あのとき、引き揚げた遺体は軍服の名札で名前だけ確認し、大阪湾警備隊の大八車にまとめて載せて、松根油をかけて荼毘(だび)に付した。あの惨状は一生忘れられない」と振り返った。

 木村さんのほか、中志賀の深海豊さん(93)は学徒動員先の名古屋で激しい空襲に遭った恐怖を語り、萩原の中田美代子さん(84)は遠い戦地から届いた帰らぬ父からの手紙を涙ながらに朗読。比井の小瀬静代さん(84)も御坊の小学校の下校途中に友達と別れた直後、その友達が米軍機の爆弾によって死んでしまった悲しみを語った。

写真=海軍軍属時代に覚えた手旗信号を披露する木村さん

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る