市町村避難情報 5段階の警戒発表始まる

 県内の自治体で10日から、さまざまな防災に関する情報を危険度に応じた5段階の警戒レベルで発表する運用が始まった。昨年の日本豪雨を教訓にした県の対応で、住民が避難行動に移すか、直感的に判断してもらう狙いがある。

 200人以上の死者を出した昨年7月の西日本豪雨で、自治体から避難勧告や指示が出ていたにもかかわらず、避難した人は少なく被害拡大につながったとみられている。情報の発表が多く複雑で分かりにくいと指摘もあり、これを受け内閣府がガイドラインを改訂。気象庁や自治体に導入を求め、県が県内の市町村が避難情報を発表する際、警戒レベルを使って伝達するよう働きかけてきた。

 今後、「こちらは○○町です。○時○分に○○地区に対して警戒レベル4、避難勧告を発令しました」というような発表となり、避難準備に関する情報について「警戒レベル3」として高齢者や障害がある人、乳幼児らは避難を開始。避難勧告と避難指示は「警戒レベル4」として全ての人が速やかに避難。「警戒レベル5」はすでに災害が発生している状態のため、「命を守る最善の行動」をとるよう呼びかける。

 一方、気象庁は5月29日から、土砂災害警戒情報と指定河川洪水予報で、従来の情報に警戒レベルを加えて発表。氾濫危険情報や土砂災害警戒情報は「警戒レベル4相当」、氾濫警戒情報や洪水警報は「警戒レベル3相当」とし、住民が自主的に避難行動をとるため参考にする情報となっているが、自治体が出すレベルとの違いなど、住民にとって分かりにくい可能性があるという声もある。

 御坊市の担当者は「これまで避難勧告では避難指示になるのを待つ人もいたかもしれないが、警戒レベル4は全員避難。逃げ遅れのないよう徹底してほしい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る