市町村避難情報 5段階の警戒発表始まる

 県内の自治体で10日から、さまざまな防災に関する情報を危険度に応じた5段階の警戒レベルで発表する運用が始まった。昨年の日本豪雨を教訓にした県の対応で、住民が避難行動に移すか、直感的に判断してもらう狙いがある。

 200人以上の死者を出した昨年7月の西日本豪雨で、自治体から避難勧告や指示が出ていたにもかかわらず、避難した人は少なく被害拡大につながったとみられている。情報の発表が多く複雑で分かりにくいと指摘もあり、これを受け内閣府がガイドラインを改訂。気象庁や自治体に導入を求め、県が県内の市町村が避難情報を発表する際、警戒レベルを使って伝達するよう働きかけてきた。

 今後、「こちらは○○町です。○時○分に○○地区に対して警戒レベル4、避難勧告を発令しました」というような発表となり、避難準備に関する情報について「警戒レベル3」として高齢者や障害がある人、乳幼児らは避難を開始。避難勧告と避難指示は「警戒レベル4」として全ての人が速やかに避難。「警戒レベル5」はすでに災害が発生している状態のため、「命を守る最善の行動」をとるよう呼びかける。

 一方、気象庁は5月29日から、土砂災害警戒情報と指定河川洪水予報で、従来の情報に警戒レベルを加えて発表。氾濫危険情報や土砂災害警戒情報は「警戒レベル4相当」、氾濫警戒情報や洪水警報は「警戒レベル3相当」とし、住民が自主的に避難行動をとるため参考にする情報となっているが、自治体が出すレベルとの違いなど、住民にとって分かりにくい可能性があるという声もある。

 御坊市の担当者は「これまで避難勧告では避難指示になるのを待つ人もいたかもしれないが、警戒レベル4は全員避難。逃げ遅れのないよう徹底してほしい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る