少年補導員の吉田さんに近畿功労者表彰

 長年にわたって少年の非行防止や健全育成活動に尽力した個人、団体をたたえる近畿少年補導員等連絡協議会の表彰で、県警本部長委嘱御坊署少年補導員で同連絡会役員の吉田敏夫さん(68)=御坊市薗=が功労者表彰を受けた。吉田さんは「非行防止は顔見知りになることが第一歩」として活動。6日、御坊署の大野矢雄署長に報告し、今後一層の活躍を誓った。

 協議会会長と近畿管区警察局長連名による少年補導功労者、団体の表彰で、全体で44人と6団体が受賞。県内から5人と1団体、御坊署管内からは吉田さん一人が選ばれ、4日に大阪市内のホテルで表彰式が行われた。

 吉田さんは1997年4月から御坊広域青少年補導センターの補導委員として活動。04年4月1日付で御坊署少年補導員となり、18年4月1日からは県公安委員会から少年指導委員の委嘱も受けて力を尽くしている。

 子どもたちとのつながりを大切に、持ち前のフットワークで声かけ、あいさつ運動に力を入れながら、同連絡会のメンバーとして各種祭礼時の夜間街頭指導、きのくにさわやかマナーアップキャンペーン、夏休みや冬休み前のコンビニなどへの指導、無灯火自転車指導、非行少年らの立ち直り支援に参加。少年の非行防止や健全育成に努めている。

 表彰状を手に「子どもたちにとって『知らんおっちゃん』ではあかん。顔見知りになることが一番です。時代によって非行の形態が変わるなか、勉強しながら補導員や補導委員同士、警察など関係機関との連携を密に、これからも非行防止や健全育成に努めたい」と笑顔。大野署長は「子どもたちも大人に見てもらっているということが心に残り、それが大人になって連鎖することで地域の安全が築かれていくのだと思う。警察だけでは目や手が届かないところがあり、今後ともご協力よろしくお願いします」と述べた。

写真=大野署長に受賞を報告する吉田さん㊧

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る