少年メッセージ 中学生20人が発表

 日高地方青少年育成県民運動推進委員連絡協議会(熊谷重美会長)主催、「少年メッセージ2019」日高地方発表大会が2日、みなべ町東本庄、みなべ町保健福祉センターで開催。20人の中学生が学校生活や家族との触れ合い、自分自身を見つめて抱いた思いを発表し、湯川楓花さん(日高附属中3年)と鉢本雅さん(美山中3年)が優秀賞を受賞した。7月27日に橋本市で開かれる県発表大会に出場する。

 湯川さんは「輝きの芽」と題して、フィギュアの紀平選手ら同年代のアスリートが活躍するのを見て、自分には何もない、自分は駄目だと思っていたが、英語に関心を持って勉強を進めるうちに出会った本の一節を紹介。「なりたい自分になれるのは、ダメな私だと思っている今の自分だけ」という言葉に、考えを180度変えられた。輝く理想の自分の芽は、今現在の自分自身の中に眠っている。劣等感などに捉われず、好奇心や向上心を持ち自分自身を大切にして夢に向かっていこうと決め、「輝く自分を見つける第一歩を踏み出した。この旅の中でいろんな自分と出会っていく」と力強く決意を述べた。

 鉢本さんのテーマは「『私』という奇跡」。自身、先天性の筋肉の病気を持ち、小学5年生の時に手術を受けて障害者手帳を交付されてから、自分は何も変わっていないのに周囲の対応が急激に変化したこと、「できることもさせてくれないの?」と窮屈さに叫びたい気持ちになったことなどを「あの当時のことを思うと、なぜだか今も涙があふれます」と率直に述べた。家族以外に自分を支えてくれた3つの存在としてクラスメイト、主治医、本を挙げ、特に顔に障害を持つ少年を描いた小説「ワンダー」について「ぼくはふつう」という一文に出会い、「『これだ』と震えるような思いが湧き起こりました」。「病気がもたらす障害の基盤の上に今の私がいる。この世にこうして生まれた『私』という生きもの、すべての出会いは奇跡」と力を込めて訴えた。

 県の文集に掲載される奨励賞には柏木菫さん(丹生中2年)の「心をつなぐ」、矢口月菜さん(中津中2年)の「かっこいい『おばさん』」、五味優佳里さん(早蘇中3年)の「『いつもどおり』って」が選ばれた。アトラクションの上南部中生「紀州梅林太鼓」も好評だった。

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る