大切に使い続けることの難しさ

 先日、串本町でグランドオープンするホテルのオープニングセレモニーと内覧会を取材した。

 ホテルは、140年前に建てられた地元名士の立派な邸宅を客室やレストランなどに改修した「古民家ホテル」。現在の2棟からスタートし、今後地区内の空き家の古民家を20棟、30棟と客室に再生させ、町に明かりを増やす壮大なプロジェクトが計画されている。日本家屋の趣を残しながら、大きなジャグジーや露天風呂付きの部屋など贅沢な客室になっていて、聞けば、最初の2棟の改装費だけですでに1億円を超えており、まだ増額する見込みとのこと。見た目はきれいに保存されていても、いざ工事を始めてみると、予想以上に傷んでいて修復箇所が増え、当初予算を大幅に超えるのもリフォームにはよくある話。1億円があれば新築でどれほどのものができるだろうか。今後の利益を見込んでいるにしても、そこまでの費用をかけ、古民家を後世に残し活用する意義と建物自体や町を思う関係者の熱意を感じた。

 規模は違えど筆者も古い自宅を自分なりに快適な空間にと、リフォームの真似事を暇さえあればやっている。お金はそれほどかかっていないが、素人仕事でかかる時間と労力が想像以上。服にしてもデザインが古くなり着なくなったが捨てられず、小物や子ども服に作り替えようと沢山とってあるが、追加でそろえる手芸材料やかかる労力を思うと、プチプラ(プチプライス、安くて良い品)アイテムが出回るこのご時世に「何をやってんだか」と思うことがある。

 個人的には好きで楽しくやっていることに満足しているが、昔からあるもの、長く使っているものを大切に使い続けることは難しいと改めて思う。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る