増田明美さんの講演を聴いて

 2019年度市民教養講座がスタートした。第1回の講師はスポーツジャーナリストの増田明美さん。「自分という人生の長距離ランナー」をテーマに語った◆講演のクライマックスは20歳の時の途中棄権に終わったロス五輪、そして24歳の大阪国際女子マラソン。ロスから帰国後、結果を責める心ない言葉に傷つき、しばらく競技から遠ざかった。大阪では「お帰り」と温かい声も掛けられたが、また「お前の時代は終わったんや」と冷たいヤジを飛ばされ、走り続ける意欲をなくす。「ホテルへ帰ってしまおう」と歩く増田さんに追いついた市民ランナーは6人。誰一人、素通りはしなかった。「ホラ、ホラ」と手拍子で励まし、給水し、肩をポンとたたいて行き、心配そうに振り向きながら行き、6人目は「一緒に走ろう」。「その人のおかげで長居陸上競技場へ帰ってこれました。6人の皆さんには感謝です」。涙がとまらず、泣きながらゴール。30位、2時間51分台。「でも、あのマラソンが私は一番好きです」◆引退後ラジオに出ると、悲壮感のあった現役時代のイメージと明るい喋りとのギャップが面白いと人気。ラジオは母の反対を押し切っての出演だったが、「結納」を「けつのう」と読んだ時に実家へ電話して「お父ちゃん、やっちゃったよ」というと「大変だよ、お母ちゃん寝込んじゃったよ(笑)」。反省したが、その後も門松を「もんまつ」と読むなどして有名に。逆に自分からネタにしていくと、より人気が出た◆座右の銘は「知・好・楽(ち・こう・らく)」。それを知っているだけの人よりもそれを好きな人、ただ好きな人よりそれを楽しんでいる人が結果を出す。心から楽しむこと。それのできる人が一番強い。つらい経験をも笑顔を見せながら話す増田さんの姿は、大きく見えた。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る