地域の特産「ひだかブランド」が誕生

 日高広域観光振興協議会(金﨑昭仁会長)は、特産品の普及、販売促進を目的に、日高地方発祥の品種、品目にこだわった「ひだかブランド」を立ち上げた。県外からも幅広い人気と知名度を誇る「日高発祥ブランド」と、これから県内外にPRしていきたい「日高新星ブランド」の2種類があり、合わせて12品の推奨を決定。14日に美浜町の松てるわ広場で発表会が開かれた。

 日高発祥ブランドは、①日高地方で初めて生み出された②原則3者以上が生産・製造している③ブランド名が広く一般的に認知されている④県外でおおむね5年以上継続して販売した実績がある――の4要件を満たす特産品ブランド。10月上旬から味わえると全国的に人気の「ゆら早生」(由良町)、1975年ごろから加工品を作り、地域の特産として守ってきた「黒竹民芸品」(日高町)、興国寺を開山した法燈国師が製法を伝えたとされる「金山寺味噌」(由良町)、すでに日本一の梅ブランドとして定着している「南高梅」(みなべ町)の4品種・品目が決定した。

 日高新星ブランドは、これから県内外へ広く売り出したい品種・品目で、推奨には日高地方で初めて生み出された、原則3者以上が生産・製造していることが条件。決定したのは、近年その栄養価が注目され2年前から販売を開始した「紀州あかもく」(由良町)、ワカメの柔らかな葉の部分を板状に張り合わせて乾燥させた「ハリワカメ」(由良町)、イタドリ(通称ゴンパチ)を特産品にと旧美山村生活研究グループが3年がかりで開発した漬物「ごんちゃん」(日高川町)、印南町の郷土料理として伝わる「かきまぜご飯」を手軽に食べられるレトルトパックの「かきまでご飯の素」(印南町)、由良町衣奈の柔らかさが人気の乾燥ワカメ「衣奈ワカメ」とワカメの軸を使った佃煮「衣奈そだち」(いずれも由良町)、煙樹海岸沿いの松林内に堆積する松葉を集め、1年半かけ堆肥にし、これを利用して栽培されている松きゅうり、松いちご、松とまとの「松ブランド野菜」(美浜町)、御坊市内の菓子店5店が歴史や文化のストーリーを込めて作った「幸せくるる御坊のお菓子」の8点。

 同協議会は、今年11月に県内で開催されるねんりんピックを絶好のPR機会として、全国から訪れる選手団50万人に向け、パンフレット配布や販売ブースの出店などで「ひだかブランド」を積極的にPRする。

 この日の発表会で金﨑会長は、「ひだかブランド事業を通して、少しでも観光客が日高地方の特産品を知るきっかけを提供し、購買へつながるよう取り組んでいきたい」とあいさつ。各商品の紹介や、農産物を使った梅干し、巻き寿司、プリンやゼリー、ジャムなどを含む試食会も開かれた。

 日高新星ブランドに推奨決定した「かきまでご飯の素」を販売するいなみの料理広め隊の小田美津子代表は、「ひだかブランドとしてPRしていただいて、全国の若い人からお年寄りまで、印南の郷土の味を楽しんでもらいたいです」と話していた。

写真=ひだかブランド12品目を前に金﨑会長(左から2人目)ら

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る