和歌山南陵高生が梅収穫の助っ人に

 日高川町の和歌山南陵高校2年生19人が11日から3日間、みなべ町や印南町の農家で南高梅の収穫を手伝うことになり、30日にみなべ町の梅振興館で事前学習に臨んだ。南高梅はJA紀州の主力品種だが、近年は労働力不足が問題となっており、少しでも人手が欲しい生産者にとっては大助かり。学校としても地域産業を知る絶好の機会で、両者の思いがマッチした取り組みは、今後のモデルケースとしても注目を集めそうだ。

 南陵高校は地域とのつながりを重視した教育を行っており、今年は日高地方の地域活性化イベント「御坊日高博覧会(おんぱく)」に初参加。竹下遼教頭が出席した説明会で県農協青年部協議会長を務める中早大輔さん(37)=岩代=と出会い、梅農家の現状を聞き、おんぱくとは別に梅の収穫を体験することになった。

 スポーツコースの2年生で、午後からは部活があるため、体験はいずれも午前中。印南町とみなべ町の7、8軒の農家で貴重な人員として収穫を手伝う。事前学習では、みなべ町うめ課職員から梅がどのようにしてできるかや収穫、出荷の流れを学び、受け入れ農家とも顔合わせした。

 竹下教頭は「本校は県外から来て寮生活している生徒がほとんどで、梅という和歌山を代表する農産物について学び、地域とのつながりも深められるいい機会。生徒は梅収穫を通じて人に感謝される喜びを感じ、生産者の皆さんには南陵高校について理解を深めていただければうれしい」と期待。中早会長は「短期間でも人手不足解消につながりますし、次代を担う高校生に梅産業を理解してもらうことは意義深い。ミカンや花などほかの生産農家でも同様の取り組みを展開するきっかけづくりにしたい。将来的には県内の高校との連携にも広げていきたい」と話している。

写真=梅振興館で事前学習する南陵の生徒

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る