名刺交換してますか?

 先日、ある取材で警護の人が寄ってきて「名刺をいただけますか」というので渡した。日高新報の腕章はしていたが、防犯上、どこのだれかを確認するためだろう。しかも休日取材の筆者は私服に帽子、マスクという、とても怪しい格好。素性を確認されるのは当然と言えば当然である。

 当然と言えば、社会人のマナーとして、名刺を渡されれば、逆に自分の名刺を差し出すのもまた当たり前。その警護の人は名刺をくれそうになかったので「お名刺いただけますか」と言ったところ、「いま持っていなくて」と丁寧に謝り、名乗ってくれた。要人警備の人は時には生命の危険もあるだろうから、名前はあまり言えないのかもしれない。この場合、こちらが名刺を求めるものではないのだろうか。

 長年記者をやっていろんなところを担当させてもらっているが、行政を回っていると、こちらが名刺を差し出せばきちんと名刺を交換してくれる人がほとんどだが、中には全く名刺を出す気配のない人もいる。一応新しく会う人の名前は覚えたいので、こちから求めると出してくれるからいいのだが、何か違和感を感じる。

 これが民間会社の社員ならどうか。こちらが名刺を出しているのに、名刺を出さないというのは失礼だという印象を与え、その人が信用を得るのは難しくなるかもしれない。営業マンなら、名刺を忘れたとか、いま切らしているといったこともアウトだろう。それだけ民間では人と人との関係にシビア。「名刺ぐらいのことで」と言われるかもしれないが、こういったことへの配慮や意識の持ち方が、住民サービスの違いにもつながるのではないだろうか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る