印南の真妻神社で忘れ形見のササユリ咲く

 近年、イノシシやシカの食害でほとんど見なくなったササユリが、印南町川又の真妻神社境内で咲き誇っている=写真=。花が好きだった地元の故畑中實さん(享年79)が20年前、球根1個を植えたのが、いまでは数十本にまで増えた。妻マスミさん(79)にとっては實さんの忘れ形見となっており、「皆さんが見に来て美しいと言ってくれると、夫も喜んでいると思います」と話している。
 ササユリはユリ科ユリ属の球根植物。日本特産のユリで、ヤマユリと呼ぶ地域もある。淡いピンクの花を咲かせ、甘い香りを漂わせる。日高地方の山間部でも以前は多く見られたが、いまでは少なくなり、かつて群生地だった日高町原谷は全滅。日高川町美山の里でも人工的に増やす取り組みが行われているが、なかなかうまくいかない状況となっている。
 真妻神社では、實さんが山で採取してきた球根を植栽。ササユリは通常、10月か11月に蒴果(さくか)が熟し、種子が風に乗って広がる。地上で発芽するのは、翌々年の春。しかも、野生の場合、初めて花を咲かせるまでに7年以上かかる。真妻神社のササユリも長年の歳月を経て少しずつ増えたとみられる。
 實さんは2010年に死去。その後、周囲に柵などをしているわけでもなく、イノシシやシカの食害があった年もあったが、真妻神社のご加護なのか、今年は特にたくさん花を咲かせているという。
 マスミさんは「夫は花や木が好きでした。この花が咲くと、夫がササユリのことをうれしそうに話していたのを思い出します」。花は半月ほど前からつぼみを付けて咲き始め、いまがピークで、あと1週間ほど見られそう。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る