印南の段々花畑園であじさい祭

 印南町印南原滝ノ口の段々花畑園で16日、地元有志でつくる稲原さんぽ道の会(谷章資会長)があじさい祭りを催し、町内外の3歳から80代まで約60人が参加した。

 地元住民らが地域活性化を図ろうと、行政の補助金などに頼らない手作りイベントで、今年で3年目。おととしと昨年はいずれも地域活性化イベント、御坊日高博覧会(通称おんぱく)の参画イベントの一つだったが、今年はおんぱく日程(7月7日から)とアジサイの開花時期が合わないため、初の単独開催となった。

 参加者はJR稲原駅前に集合して、西約1・1㌔にある段々花畑園へ歩いて出発。道中の休憩所では御坊市御坊の尾﨑秀樹さんと同市薗の近田定子さんがマジックショーを披露し、大ウケだった。段々花畑園では、山の斜面を利用して植えられた青やピンク、白など満開のアジサイを楽しみながら歩いた。頂上の広場では持参した昼食を食べてのんびり。みんなで「青い山脈」をうたったあと、景品が当たるジャンケンゲームでも盛り上がった。

 2回目の参加となった日高町産湯の﨑繁一さん(71)と歌代子さん(68)の夫婦は「アジサイが満開で、とてもきれいです。地元住民の力でこういったイベントを開催するのはすごいですね」とにっこり。

 谷会長は「天気もよく過去最高の参加者数となりました。おんぱくからの〝独り立ち〟がうまくいったと思います」と話していた。

写真=段々花畑園のアジサイを見ながら歩く参加者

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さまのお支えのおかげです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る