千里の浜で大阪の学生がウミガメ保護活動

 本州最大のアカウミガメの産卵地、みなべ町の千里の浜で今年も、日本ウミガメ協議会のボランティアが現地で活動を行っている。大阪動植物海洋専門学校と、大阪ECO動物海洋専門学校に通う学生5人で、今月中旬から連日、夜から翌未明にかけて浜を巡回。昼間は産卵場所に保護柵を設置するなどアカウミガメの保護や生態調査に活躍しており、産卵地の維持に大きく貢献している。

 昨年完成したウミガメ館を拠点に、メンバー5人が入れ替わりながら、千里の浜沿いに活動している。

 連日午後8時から翌午前4時まで、延長約1・3㌔ある砂浜を歩き回り、上陸したウミガメに個体識別タグの取り付けや甲羅の大きさの測量など生態調査を実施。昼間は産卵場所に、野生動物の食害から守るために鉄製の保護柵を取り付け、保護活動に精力的に取り組んでいる。

 25日にはリーダーで昨年に続いて2年目の小島拓巳さん(19)=大阪動植物海洋専門学校2年=と、同じく2年目の石川友貴さん(19)=同2年=、今年初参加の北田秀斗さん(20)=大阪ECO動物海洋専門学校2年=の3人が活動。照りつける日差しの下、産卵した場所に柵を取り付け、夜は浜を巡回した。8月には子ガメのふ化状況を観察、調査する。今年は産卵が例年に比べて少ないが、これから7月にかけてピークになるという。

 3人とも将来は水族館で飼育員になるのが目標という。小島さんは「有数の産卵地であるみなべ町で先人がやってきた調査に関わり、世界に情報発信されることにやりがいを感じています。昼夜逆転の生活にも慣れてきましたし、生き物が好きなので楽しく活動でき、すごくいい経験にもなります」と充実感いっぱい。石川さんは「昨年は子ガメの調査だったので、ことしは親ガメに関わりたかった」、北田さんは「自然に生きるウミガメを間近で観察することで、海を上がって産卵するまで数十㍍も距離があると知り、勉強になりました」と話している。

 観察希望者はみなべ町教育委員会への申請が必要。詳細は℡0739―74―3134。

写真=産卵場所に保護柵を取り付けるボランティアメンバー

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る