元ブラジル代表のパウロさんが南陵高サッカー部を指導

 日高川町の和歌山南陵高校サッカー部に28日、元ブラジル代表のパウロ・セザールさん(41)=フランス・パリ在住=が指導に訪れた。パリを拠点に日本人選手らのマネジメント等を行っている直川公俊さん(35)=由良町出身=と親交があり、直川さんと同校の羽畑公貴監督(36)が友人という縁で実現。選手たちはパウロさんの熱い指導を受け、世界レベルの知識や技術、取り組む姿勢を学んだ。

 パウロさんは母国ブラジルではサントスやフラメンゴなど名門チームに所属し、ボランチとしてブラジル代表にも選手された。ロナウジーニョやロナウド、ロベルトカルロスら超一流選手とプレーし、フランスの名門パリ・サンジェルマンでも活躍した名選手。現在はパリでフットサル2部のチームの監督を務めながら、子どもたちの指導も行っている。

 同じくパリ在住で日本人選手の仲介役などで活躍する直川さんと親交があり、今回初めて来日することになり、由良町の実家へ泊るために日高入り。滅多にない機会で、小学生時代の和歌山選抜チームで同期になってから友人の羽畑監督と話をして、生徒に指導してもらうことにした。

 南山陸上競技場で練習する部員37人の前で「皆さんのいつもの練習とは違うことを伝えたい」と話し、4対2など攻撃と守備に分かれた練習を実践。一人一人に鋭い目線を送り、プレーを止めて、手本を示しながら熱血指導。「もっとグラウンドを広く使って、もっと速く動いてスペースを有効に使って」などと的確なアドバイスを送り、選手たちは普段の練習とは違う雰囲気の中で、元一流選手からしっかり学ぼうと真剣に取り組んでいた。

 宮口大輝主将(3年)は、「海外の目線や価値観で指導してもらい、指示も分かりやすくてすごく勉強になった。きょうは吸収したことをこれからの練習や試合で生かし、10月からの選手権優勝という目標に向かって頑張りたい」と目を輝かせていた。

 パウロさんは「みんないい技術を持っている。もっとスペースを使わなければならないことを伝えたい」とアドバイス。直川さんは「地元のチームが全国大会に出場して、サッカーが盛り上がればうれしい」と期待を込め、羽畑監督は「選手にはいい刺激になったと思う。選手権躍進へのきっかけにしてほしい」と話していた。

写真=選手に熱い指導を行うパウロさん

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る