世界的スポーツ祭盛り上げよう

 ことしはラグビーワールドカップ日本大会に、和歌山ではねんりんピック、そして来年はチケット予約の受け付けや聖火リレーランナー募集の話題など、盛り上がりを見せつつある東京オリンピック、パラリンピックが開催される。その次にやって来るのは再来年5月に開かれる「ワールドマスターズゲームズ2021関西」だ。

 ワールドマスターズゲームズは、国際マスターズゲームズ協会が4年ごとに主催する、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰もが参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会。2021年の第10回大会が、アジアで初開催となり、その舞台が関西。近畿と福井、鳥取、徳島で35競技59種目が繰り広げられる。残念ながら日高地方での開催はないが、県内では和歌山市や海南市、田辺市、上富田町で駅伝やバレーボール、セーリングなどが行われる。

 実施35競技のなかには、陸上競技や柔道、水泳、卓球などのオリンピック常連競技のほか、ゲートボールやグラウンドゴルフなども行われ、オープン競技にはスポーツ吹き矢も含まれる。本紙でもよく試合の記事が掲載されている身近な競技だ。

 オリンピックのように一流の選手が持てる限りの力を尽くす姿は見るだけで感動するが、世界の舞台に自分がチャレンジするのはもっと楽しくて、魅力的な経験になるとワクワクしてしまうのは筆者だけだろうか。各競技の募集要項などはことし11月ごろに発表になるらしいが、出場競技を検討し、体力づくりや仲間探しから始めて、2年間頑張って参加したいと思う。

 大会組織委員会も過去最高の参加者5万人を目標に掲げている。せっかく近くで開催される世界最大級のスポーツ祭をみんなで参加して盛り上げよう。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る