ホットな場所のこれからに期待

 美浜町担当になりもうすぐ2カ月。この間、取材で何度となく訪れた「松てるわ広場」。吉原公園南側の松林に整備された施設で、ガラス張りの建物「ガラスボックス」が2棟備えられ、厨房付きの産品コーナーと多目的室になっている。用途に合わせ、どちらかを会場に、様々なイベントが開催され、建物内だけでなく、広場全体を活用し、昆虫採集やライブイベント、マルシェなども開かれる今一番ホットな場所の1つ。

 6月に入り開催されているビアガーデンにも、取材ではなく客としてお邪魔した。オープンから30分ほど経った会場に到着すると客席はすでに満席。しばらく待って席を確保し、徐々に日が暮れていく松林をビール片手に満喫した。周囲の客席も、自然の風を感じながら、仲間同士とりとめのない会話を交わし、笑顔があふれる素敵な空間だった。

 筆者の個人的な松林の思い出は、高校時代所属した陸上部の練習場所で松林の遊歩道をひたすら走る苦しいもの。しかし、今思えば、暑い日差しを避けて練習できる最高の場所だった。筆者だけでなく、町を守る町民の宝「松林」はその雄大さから、あらゆる人を受け入れ親しまれてきた。同広場もイベントがない日でも親子連れらが集う場になっている。町内の子育て中の友人もよく訪れているが、整備される以前はうっそうとした雰囲気で近寄り難かったという。それでも整備には反対の声もあったとのこと。それはやはり松林を大切に思うからこその意見なのだろう。

 地方創生事業でできた同広場は、来年度からは税金に頼らず収益を上げ自立した運営が求められている。町民の大切なものから作られ、人が集い、笑顔があふれる場が、今後どう進化するのか、期待せずにはいられない。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る