バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎著 双葉文庫

 6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日で、誕生日でもあります。太宰の絶筆「グッド・バイ」を下敷きに、人気実力派作家伊坂幸太郎が書いたユニークなオマージュ的長編をご紹介します。

物語 星野一彦は多額の借金を背負い、得体の知れない闇の組織によって「あのバス」で連れて行かれることになっている。もう二度とは戻れないかもしれない。

その前にどうしても、恋人に別れを告げたい。それは決して簡単なことではない。心優しい星野は、5人の違う女たちと同時に付き合っているのだ。浮気とは違い、どの女をも真剣に愛していた。 

闇の組織は星野に、彼女達に事実を告げることを禁じる。「結婚することになったから別れてほしい」という方向で口上を述べなければならない。組織からは、繭美という女が派遣されてきた。別れの行脚に同行し、結婚相手役を演じながら星野を監視する。

その繭美は、実にとんでもない女だった。身長190㌢、体重200㌔。外見は金髪の白人で「ハーフ」だというが、日本語しかしゃべれない。態度も言葉遣いも粗暴で、誰のことも「おまえ」と呼び男言葉を使う。人の神経を逆撫ですることを生きがいにしているとしか思えない言動。なぜか辞書を持ち歩いているが、気配り・愛想・同情・人助けなどの言葉は黒く塗りつぶされている。

星野は繭美と連れ立って5人を順に訪ねては、怒りや嘆き、哀しみ、あるいは「私、今それどころじゃない」などさまざまな反応に出会い、それぞれの場でささやかだが意外性に満ちた物語が生まれていく。

そして行脚の果てに、星野はやはり「あのバス」で地獄よりもひどい場所へ連れ去られてしまうのか…。

「主人公がとんでもない女を連れて、複数の恋人を順番に訪れては別れ話をしていく」という、著者の思いつきそうなユニークな設定ですが、ここまでは太宰の原典「グッド・バイ」と同じ。しかしその設定をジャンピングボードに、原典よりも遥かに高みへ飛んで、面白く、哀しく、味わい深く、先の読めない傑作長編に仕上げているのはさすがです。

原典よりも主人公は愛すべき人物で、その代わり付き添う女は話にならないほどひどい人物。そのやりとりはかなり笑わせてくれ、5人の恋人の抱える事情もユニークで、ページを繰る手が止まりません。それぞれの別れ話の行方が一つ一つの好短編になっており、笑わせたり泣かせたり、爽やかな感動をくれたり。やっぱりこの人は並みの才能じゃないなと思えます。

発案した編集者に、名作を生み出してくれてありがとうと感謝したいくらいです。

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る