ハンドルを握る責任

 最近の車の自動運転機能はますます進化している。前方の車の追走機能で、前がブレーキを踏むと自動で減速して一定の距離をキープするというのはもはやベーシックなシステムとなりつつある。ふらつき防止機能や、センターラインに寄りすぎると警告音に加えてハンドルが戻る機能もあり、車線変更の際に指示器を出すのが遅れようものならてきめん、安全機能の性能に驚かされるばかり。ひと昔前では考えられなかったことが現実になり、10年先にはもっと進歩しているだろう。完全自動運転も近い将来実現できるのではないだろうか。

 高齢ドライバーらによる重大事故が連日報道されている。何の落ち度もない歩行者らが突然巻き込まれ、命を奪われる。犠牲となった人の家族の気持ちを考えると胸が痛い。同時に、事故を起こそうと思ってハンドルを握っているドライバーはおらず、安全確認不足やアクセルとブレーキの操作ミスなど不注意が最悪の事態を招いてしまっていることにも胸が痛む。ハンドルを握る以上、誰しも事故を起こす、事故に遭う危険性がある。ニュースに触れるたび、一層の自覚が必要だと認識をあらためたい。

 特に高齢になると、若いころのようには体が動かず、判断力も鈍る。免許返納は必要だが、田舎では車は生活に、仕事に欠かせない移動手段で、農業など車がなければ進まない職業もたくさんある。免許返納を考えつつ、なかなか決断できない人も多いのではないだろうか。コミュニティーバスの運行など外出支援に取り組む自治体も多いが、まだまだ不十分。安全な自動運転カーの開発、免許返納のルール化、返納後も生活しやすい仕組み作り、あらゆる面で早急な検討が必要だろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る