アビリンピック 豊里さんが全国大会へ

 第17回県障害者技能競技大会(アビリンピック和歌山2019)が和歌山市の職業能力開発促進センターで開かれ、由良町の障害者支援施設由良みのり園からビルクリーニング種目に出場した豊里睦(あつし)=大阪市出身=さん(23)が優勝、岩下晃さん(33)=和歌山市出身=も4位(努力賞)に入った。豊里さんは11月15日から17日に愛知県で開催される第39回全国障害者技能競技大会に出場する。

 15歳以上の身体障害者、知的障害者が出場する大会。ビルクリーニングには7人が出場した。内容は床掃除や掃き掃除で室内をきれいにする競技。課題はカーペット床掃除(制限時間7分)と床清掃と机上清掃(制限時間10分)の2つがあり、4㍍四方の室内に机や椅子を置き、部屋に見立てたスペースで競う。入室のあいさつ、椅子上げ、ごみ処理、点検などの手順の正確さ、手際よくごみを残さない丁寧さなどが評価基準となる。審査員3人の採点で順位を決めた。

 豊里さんは日頃から園の仕事で、堺市立少年自然の家の掃除などをしているが、大会の1カ月半前から手順の確認、作業の正確性などの練習を続けた。本番では「緊張した」と言いながらも、時間内にきれいに仕上げ、審査員から高評価を受けて優勝を飾った。「掃除機で手順通りに作業するのが大変でした。ほかにも上手な選手がいたので、まさか優勝できるとは思いませんでしたが、毎日練習した甲斐がありました」と喜び、全国大会に向けては「みっちりと練習を重ねて挑みたい」と張り切っている。

 努力賞の岩下さんも表彰の楯に喜びの表情で、「入賞することができてとてもうれしい。来年も挑戦したい」と話していた。

写真=トロフィーや盾を手に豊里さん㊧と岩下さん

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る