酒本選手はレジェンド

 入社以来22年間、サッカーの取材を担当している。小学生、中学生、高校生、一般の試合を見る機会もあるが、とくに多いのはやはり大会が多い小学生。大勢の選手のプレーを見てきたが、素人ながらに「この子は将来が楽しみだ」と思えるずば抜けた身体能力を発揮する子どももたくさんいた。それでも、日高地方からJリーガーになったのはまだ一人だけ。いま現在、Jリーガーに手の届くところで奮闘している選手もいるが、プロの世界は厳しいのだろうと想像がつく。

 その唯一のJリーガーは御坊市出身、小学生時代は御坊キックマンに所属していた酒本憲幸選手。初芝橋本高校を卒業と同時にセレッソ大阪に入団。16年間在籍し、今シーズンからJ2の鹿児島ユナイテッドFCに移籍した。17年目のベテランはJリーグ300試合出場を達成。厳しいプロの世界で17年目、バリバリ現役で活躍していること自体が大記録。ミスターセレッソと呼ばれた元日本代表森嶋寛晃で318試合、300試合以上は数あるJリーガーの中でも143人だけ。鹿児島に移籍してからは全試合に出場し、若手を引っ張っている。もはや日高地方が生んだレジェンドといえるだろう。

 筆者が入社したとき、酒本選手は海南三中1年で、残念ながら小、中学生時代のプレーを見たことはないが、小学生のころからずば抜けていたという。酒本選手は小学生から注目されていたが、才能は中学、高校で開花する選手もたくさんいる。いまサッカーに夢中になっている日高地方の子どもたちは皆、可能性を持っていることは間違いない。近い将来、Jリーガーが輩出されると期待を込めて、選手たちのプレーを追いかけていきたい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る