酒本選手がJリーグ通算300試合出場

 今シーズンからJ2リーグの鹿児島ユナイテッドFCに移籍している御坊市出身のJリーガー酒本憲幸選手(34)が、Jリーグ通算300試合出場を達成。18日に行われたリーグ第14節、横浜FC戦の開始前にはホームの白波スタジアムでセレモニーが行われ、3人の娘から花束を受け取り笑顔いっぱい。J17年目のベテランは新天地で全試合にスタメン出場しており、記録を伸ばし続けている。

 小学生時代、御坊キックマンでサッカーを始め、海南三中、初芝橋本高校からセレッソ大阪に入団。ルーキーの2003年は5試合に出場した。毎年着実に実績を重ね、J1から2度のJ2降格など厳しい時代も経験しながらセレッソ一筋、2018年まで16年間在籍した。若手の台頭でセレッソ最後の1年はリーグ戦への出場はなく、活躍の場を新天地に求めて移籍した。

 鹿児島ユナイテッドは今シーズンからJ2に昇格したばかりの新鋭チーム。酒本選手は開幕戦からすべてスタメン出場。攻撃的なMFとしてチームをけん引、豊富な経験を生かして若手選手を引っ張っている。5月4日、リーグ第12節、柏レイソル戦で記念すべき300試合出場を達成。記念して18日にセレモニーが行われた。

 両チームの選手が入場、ピッチに整列した中、酒本選手の300試合出場達成のアナウンスが流れ、長女、二女、三女から花束を受け取り、笑顔で記念写真に納まった。

 酒本選手は「チーム、サポーターあってこその300試合出場です。自分を育ててくれた和歌山の指導者の皆さまには心から感謝しています」とスタッフやファンに恵まれたことを強調し、「感謝の気持ちをグラウンド上で返せるように、鹿児島でクラブとともに自分自身も成長できるように頑張ります」と決意を新たにした。

写真=セレモニーで3人の娘から花束を受け取り笑顔の酒本選手
ⒸKAGOSHIMA UNITEDFC

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る