路上のくぎにご用心

 読者の皆さんはタイヤにくぎが刺さってパンクしたことはあるだろうか。先日、車のメーターの横にビックリマークのような変な表示が出てきて最初何か分からなかったが、インターネットで調べたらタイヤの空気圧が減っているサイン。ガソリンスタンドで空気を入れてもらったら、その時、タイヤにくぎが刺さっていることが分かり、急きょパンク修理をしてもらった。それはそれでよかったが、何と2週間後、またしてもくぎが刺さってパンク修理。無駄な出費に頭を抱える。

 ここ最近、普通にアスファルト舗装をしたような道しか走ったことはないのに、くぎはどこで刺さったのか。仮に道にくぎが落ちていても横に倒れているため、普通、刺さることはない。ところが、前輪でくぎを跳ね上げ、たまたま先っぽが上になったくぎが後輪にささる、というのが定説らしい。なるほど、そういえば筆者は2回とも後輪に刺さっていた。ちなみに前輪の場合はイタズラの可能性があるという。

 いずれにしても、そんな偶然の不幸が続くとは…。2度あることは3度あるというが、勘弁していただきたい。かと言って、実はこのくぎが刺さるパンクを防ぐ方法がなく、自分自身が何かに注意を払っていればいいというものでもない。しかも、くぎを路面に落とした人が必ずいるはずだが、その責任を追及することはほぼ不可能。やり場のない怒りを覚えるだけ。対策はあえて言うなら、道路の管理者が磁石でも使って定期的にくぎの回収作業をするぐらいだろうか。タイヤのパンクでは、一気にバーストして大事故につながることもある。何とか手立てがないものか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る