路上のくぎにご用心

 読者の皆さんはタイヤにくぎが刺さってパンクしたことはあるだろうか。先日、車のメーターの横にビックリマークのような変な表示が出てきて最初何か分からなかったが、インターネットで調べたらタイヤの空気圧が減っているサイン。ガソリンスタンドで空気を入れてもらったら、その時、タイヤにくぎが刺さっていることが分かり、急きょパンク修理をしてもらった。それはそれでよかったが、何と2週間後、またしてもくぎが刺さってパンク修理。無駄な出費に頭を抱える。

 ここ最近、普通にアスファルト舗装をしたような道しか走ったことはないのに、くぎはどこで刺さったのか。仮に道にくぎが落ちていても横に倒れているため、普通、刺さることはない。ところが、前輪でくぎを跳ね上げ、たまたま先っぽが上になったくぎが後輪にささる、というのが定説らしい。なるほど、そういえば筆者は2回とも後輪に刺さっていた。ちなみに前輪の場合はイタズラの可能性があるという。

 いずれにしても、そんな偶然の不幸が続くとは…。2度あることは3度あるというが、勘弁していただきたい。かと言って、実はこのくぎが刺さるパンクを防ぐ方法がなく、自分自身が何かに注意を払っていればいいというものでもない。しかも、くぎを路面に落とした人が必ずいるはずだが、その責任を追及することはほぼ不可能。やり場のない怒りを覚えるだけ。対策はあえて言うなら、道路の管理者が磁石でも使って定期的にくぎの回収作業をするぐらいだろうか。タイヤのパンクでは、一気にバーストして大事故につながることもある。何とか手立てがないものか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る