腰痛予防・改善を考える

 先月の中旬から痛い腰。「平成」から「令和」へ、腰痛を持ち越したままでいる。新時代の幕開けも、公私とも不自由な生活。仕事では周りに気を遣わせてしまい、家では普段通りの休みしかない妻に楽させようと、テラスと風呂の掃除に取りかかったが、脂汗をかいて座り込んだりしながら、大変だった。朝から夜にかけて調子が悪くなる感じ。早く「日にち薬」が効くよう願っている。

 初めて腰痛になったのは学生時代。部活動の筋トレでスクワットをしたあと違和感を感じ、麻雀で対面の牌を取ろうとしたとき動けなくなったのを覚えている。それ以来、「冷え」と長時間の「あぐら」「うつぶせ寝」がトリガー(だと思っている)。突然やってきては毎年のように何週間かお付き合いしている。これまで3つ病院にも行っているが、いずれも診断は「ヘルニア」。コルセットにも年季が入ってきた。

 くしくも先月、4月20日は「腰痛ゼロの日」。インターネットの情報だが、日本カイロプラクティックドクター専門学院名古屋校の卒業生を中心につくられている「420(ヨーツーゼロ)の会」代表の本坊隆博さんが制定したそうで、「腰(4)痛(2)ゼロ(0)」と読む語呂合わせから、腰痛で悩んでいる人をゼロにしたいとの思いが込められているという。

 腰が痛いという自覚症状がある人は国内で1000万人を超えるといわれており、日本人の約10人に1人は腰痛を抱えている。原因はさまざまだがストレスも一つ。運動やストレッチが予防・改善につながるという。今回の痛みが治まったのち心がけ、新しい時代とともにアラフォー、中年を健康に、そして長く生きようと思う。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る