目覚ましい進歩に追い付けないのは…

 ここ数日、テレビをつけるとアイドルグループV6の一員で俳優としても活躍する岡田准一ばかり目にしていた。昼夜問わず出演していたのは、某テレビ局開局60周年記念で制作され、22日から26日まで放送されるドラマの宣伝のためだった。

 ドラマは「白い巨塔」。大学病院で勤務する2人の対照的な医師を通して、医学界の腐敗を鋭く追及した山崎豊子の社会派小説が原作。映画やドラマで何度も映像化され、有名なところでは、昭和に田宮二郎、平成で唐沢寿明が主演を務めている。原作から50年以上の時を経て、制作された今回のドラマは、令和の時代に即した内容になっているという。例えば、カルテが紙ベースから電子化され、医師はタブレット端末を操作。主役の財前医師は原作では食道がんの開腹手術を得意とするのに対し、腹腔鏡下手術のスペシャリストに。そして患者への対応も変わり、がんの告知は家族から本人へ。現代ではがんは、本人が向き合い、治す病気になっているからだ。

 ドラマのように医療技術・機器、医薬品の進化に加え、検査技術も格段に進歩。「がんは2人に1人がかかる病気」(国立がん研究センター調べ)であり、「早期発見」で「がんは治る」のが現代の常識になっている。しかし、未だ日本人の死亡原因は「悪性新生物」いわゆるがんである。そんな中で、「あなたはがんです」と告知されたら…。本人も家族も、誰もが一瞬目の前が真っ暗になり、動揺するのではないだろうか。メンタルケアを行う機関もあるが、医療技術が目覚ましい発展を遂げても、患者の心は簡単には追いつけない。

 昔から「病は気から」と言う。難しい局面に立たされたとき、立ち向かえる前向きな精神力を養いたいものだ。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る