海防艦供養塔の清掃奉仕 阪元さんが後継者探す

 由良町吹井、糸谷の由良湾に面して建つ旧海軍海防艦の戦死者の供養塔は、地元の阪元昭良さん(84)が定期的に清掃を続けている。戦時中は海防艦の乗組員と仲よくなり、最後の戦闘が始まる直前まで艦内で遊んでもらった思い出もあり、清掃は「せめてもの恩返しを」との思いで20年以上のボランティア活動になるが、寄る年波には勝てず、最近は体が思うように動かない。季節外れの暑さが続くなか、活動を引き継いでくれる人を探しているという。

 昭和の戦争末期の1945年(昭和20)7月28日、由良湾で日本の第30号海防艦が敵機グラマンの編隊との交戦により轟沈、乗組員99人が戦死した。重山のふもと、現場の海に面した道路沿いには旧海軍紀伊防備隊鎮魂碑と並んで、海防艦戦死者供養塔が建てられている。

 戦前から良好な海運の港としてにぎわった糸谷では、身元不明の船乗りが海に落ちて亡くなる事故も少なくなかった。阪元さんは、60歳で仕事をセミリタイアして以降、亡くなった兵士、自分を育ててくれた地域への恩返しにと、時間を見つけて供養塔と鎮魂碑、供養塔の近くにある無縁仏の墓地も含め、これまで20年以上にわたりボランティアで掃除と供養のお勤めを続けてきた。

 以前は三日にあげず清掃していたが、最近は足腰が痛むこともあり、「だんだんと、暑い、寒いということがたいそ(大げさ)に感じるようになってきた」。できればこの先、誰かが引き継いでボランティアの清掃をしてもらえれば、という。

 阪元さんは週に1回程度のペースで、午前9時ごろから約3時間かけて供養塔と鎮魂碑の周辺、無縁墓周辺を清掃しているが、新たな有志が見つかればすべてその人のペースに任せる方針。「道具はこちらが用意しますし、私は相手の方の都合に合わせ、体力が続く限りお手伝いします。週に1回でも2週間に1回でもかまいません。体一つで来てもらって、掃除だけしてもらえれば」と話している。

 問い合わせは阪元さんの友人の中西忠さん℡0738―65―1280。

写真=阪元さんが清掃している海防艦戦死者供養塔周辺

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る