村民に脈々と伝わる人間愛

 太平洋戦争末期の1945年に田辺市龍神村殿原地区に墜落した米軍爆撃機B29搭乗兵の冥福を祈る慰霊祭がことしも惣大明神で行われた。地元民ら約100人が列席して焼香。大應寺の松本周和住職(71)が読経し、新宮市在住のカトリック教会神父のカレン・シェームスさん(77)が祈りを捧げた。第1回は戦時中だった1945年6月9日に行われているため、ことしで75回目。

 地元の郷土史研究家の古久保健さん(81)によると、日本の戦闘機紫電改に撃ち落とされ、搭乗兵11人のうち、7人が死亡。残りの4人は捕虜として捕らえられ、3人が処刑、1人の行方が分からないという。

 墜落後すぐに住民が遺体を回収して埋葬。捕虜のうち2人は殿原小学校近くの施設に入れられたが、「武器を捨てた兵士に罪はない」とタバコやおにぎりを与えたという記録もある。戦後の1947年には慰霊碑も建立された。費用は6470円。当時の上山路村の村長の年俸が2000円程度だったことを考えると多額である。除幕式にも7万円という莫大な費用を費やしたという。時代背景を考えると、こうした行為には批判もあったはずだ。しかし、村民にはそれに対抗するだけの命を尊ぶ心が存在していたのだろう。

 慰霊祭で語り部の古久保真介さん(56)は「戦争の悲惨さを風化させることなく、二度と戦争を起こしてはならないという思いを、後世に語り継がなければならない」と語った。それは殿原区がB29の墜落で犠牲となった米兵に関わってきた歴史そのもので、途絶えてしまうことなどはあり得ない。村民たちの人間愛が証明している。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る