日高町が温泉館誘客に本腰

 日高町は今年度、入館者の減少が続いている方杭の温泉館「海の里 みちしおの湯」の活性化に力を入れる。2018年度の来館者数は3万9074人で、ピークだった01年度の約4割にまで減少。対策では海水浴客らが入浴に訪れる夏場に向け、高速サービスエリアでPRチラシを配布。来館者を対象としたアンケート調査も行い、関係機関と連携しながら減少に歯止めをかけたい考えだ。

 同館は00年6月にオープン。初年度(10カ月)は10万6021人、01年度は10万7893人となったが、その後は温泉ブームが下火になるにつれて年々減少。昨年度も夏場の猛暑で行楽客が減少したことが影響し、17年度の4万4905人より5831人(13%)下回った。

 みちしおの湯は町内の産湯海水浴場を訪れた海水浴客が立ち寄ることが多く、夏場(7、8月)に年間来館者の3分の1程度を占めるのが特徴。

 町は昨年秋ごろから日高振興局企画産業課と対策を検討。今年度からは同館の人材委託している日高町地域振興㈱、隣接する食堂「みちしお亭」を運営する団体「みちしお会」も加わって4者で対策の協議を重ねてきた。

 サービスエリアでのチラシ配布は7月上旬に海開きする海水浴場の前に実施し、海開きの関連イベントなどを絡めてアピールする。
 アンケート調査は来月、2週間にわたって温泉館の入館者とみちしお亭の来店者を対象に行う。「どういう目的」「どの地域からの来館が多いか」などを細かくリサーチし、今後の誘客活動の参考にするほか、入浴者らのニーズを把握する。

 みちしおの湯は内風呂のほか、露天風呂、ゆったりとしたスペースのコミュニティルームを完備。浴場からはオーシャンビューの景色が楽しめる。効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、慢性消化器病など。大人(中学生以上)600円、小人(3歳から小学生以下)300円

写真=来館者が減少傾向の温泉館「海の里 みちしおの湯」

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る