日高川町の防災センターが竣工

 

日高川町小熊に建設された町防災センターの竣工式が18日、現地で行われた。久留米啓史町長をはじめ県議、町議、区長、消防団員ら関係者約120人が出席。久留米町長は式辞で新たな「防災、減災態勢の拠点」の完成に喜びを表したうえで、万一の際の避難所、救援物資の集積所などの役割、日ごろの防災に関する学習の場としての活用に期待を込め、より一層の安全、安心の町づくりを誓った。

防災センターは鉄骨平屋で、延べ床面積は約1500平方㍍。施設内には500人以上を収容できる避難スペースや調理室、トイレ、炊き出し場などがあり、6000人の一日分の非常食も備蓄している。平常時は災害についての研修の場として利用。災害に関する展示物、消防などへの通報や消火、浸水した扉の重さを体験できるコーナー、過去の水害や地震を映像で学べる防災学習シアターも設けられている。2015年度に事業着手。総事業費は約8億3000万円。

施設内の防災イベントスペースで行われた竣工式の式典には二階俊博自民党幹事長秘書の二階俊樹氏、日高郡町村会副会長の松本秀司日高町長、県の防災担当者らも出席。久留米町長は式辞で1953年の紀州大水害、2011年の紀伊半島大水害などで、日高川の氾濫や大規模な土砂災害に見舞われたことを示しながら、近い将来発生が懸念される巨大地震への備えの必要性を強調。「過去に発生した災害の経験を生かし、後世に伝えていくとともに、災害に対する備えをすることが、いまを生きる私どもの責務」と述べ、「この防災センターが町の防災、減災態勢の拠点として災害時には避難所や救援物資の集積拠点として重要な役割を担うことを期待するとともに、平常時は防災に関する学習の場として活用されることを切に願う」と期待を込めた。来賓祝辞では町議会の熊谷重美議長が「このセンターの完成を災害に強い町づくりの第一歩としたい」とし、より一層の防災対策、救援活動の推進を約束。久留米町長、熊谷議長ら7人で喜びのテープカットも行われた。

式典終了後に施設内で記念講演があり、小熊広場での餅まきもにぎわった。

写真=新たな防災、減災拠点となる防災センター㊤と、久留米町長(中央)ら7人で喜びのテープカット

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る