思いやりの「和歌山走り」

 滋賀県大津市の県道交差点で8日、散歩していた保育園児や保育士らの列に車が突っ込み、16人が死傷する事故があり、大きく報道された。それらによると、右折しようとした乗用車が、対向車線を直進してきた軽乗用車と接触、軽乗用車が園児らをはねたとみられている。乗用車の運転手は「前をよく見ていなかった」と供述。この事故の悲惨さや痛ましさを心に刻み、同様の交通事故が防がれればと思う。

 また、この事故に関連し、長野県松本市の市長が「松本走り」といわれる自動車運転マナーの悪さを指摘。松本走りは▽対向車がいるのに強引に右折▽対向車が左折する隙を見て、ほぼ同時に右折▽ウインカーを出さずに進路変更――が特徴で、定例記者会見の中で注意を呼びかけていた。ほかにも「茨城ダッシュ」「山梨ルール」「名古屋走り」「伊予の早曲がり」という危険な運転の「ローカルルール」が全国各地にあるという。

 11日から春の全国交通安全運動が展開されており、「横断歩道における歩行者優先の徹底」が交通安全県民運動の重点の一つになっている。県警と県交通安全協会の資料によると、和歌山県の信号機のない横断歩道での車の一時停止率は、1・4%(全国平均8・6%)で、全国ワースト3位(2018年JAF調べ)。横断歩道に近づけば横断者や横断しようとする人がいないか確かめ、いれば一時停止して歩行者を渡らせるのがルールである。横断歩行者妨害は交通違反で、罰則は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金。不名誉なローカルルールとして称されるのではなく、横断歩行者を優先する思いやりの「和歌山走り」を実践しよう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る