幸せになってくださいね

 みなべ町山内のホテル&リゾーツ和歌山みなべのリゾートコンシェルジュ立山奈木歌(なぎか)さん(58)が、人前式を行う最高の資格で、全日本ブライダル協会が認定するエグゼクティブミニスターを取得した。この資格を持つのは近畿で初、日本全国でも4人目。発声や立ち居振る舞い、新郎新婦の共通点などを盛り込んだオリジナルの祝辞の内容などすべて高い評価を受けた。

 ミニスターは、挙式スタイルの一つであるシビルウェディング(人前式)をつかさどる司式者で、デザイナーの桂由美さんが会長を務める全日本ブライダル協会が認定している資格。ミニスターの資格を持って初めて人前式を行えるようになる。

 17年前からホテル&リゾーツ和歌山みなべで働く立山さんは、宿泊客らに県内の観光案内や楽しみ方を提案するリゾートコンシェルジュとして活躍している。

 「ミニスターになってみないか」と当時の支配人から声をかけてもらって勉強を始め、2016年9月、県内の女性で初めてミニスターを取得。コンシェルジュとミニスターという二足のわらじで活躍の場を広げた。

 常にチャレンジ精神を持つ努力家で、「いつかは最高のエグゼクティブミニスターになって新郎新婦を送り出したい」とスキルアップを目指して経験と研さんを積み、2年後にはシニアミニスターに合格。さらに高みを目指し、3月にエグゼクティブミニスターの試験に挑んだ。実際の人前式での司式の様子を収めたビデオや審査員の前での実技で判定され、拍手が湧き起こる振る舞いを披露。4月に認定の知らせを受けた。

 ウエディングという人生の門出を祝うセレモニーをつかさどるため、大きな声、聞き取りやすい口調、立ち居振る舞い、祝辞の内容などすべて求められる中、立山さんはすべて最高級。中でもとくに優れているのが、祝辞の内容で、ありきたりの決まり文句ではなく、プランナーから新郎新婦の共通の趣味やエピソードなどを聞き、2人らしさを引き出す祝辞を贈っている点がとくに高評価を受けた。エグゼクティブミニスターは、今度は審査する立場になり、ミニスターの講義も行えるようになる。

 立山さんは「子どものころから声楽やクラシックバレエなどの習い事をしていたことも役立ちました。ミニスターになったときからの夢がかないました」と笑顔いっぱい。「式の最後に『新郎新婦、退場』と発するのですが、いつも『出発進行』の思いを込めています。歩き出す2人の背中に、幸せになってほしいという思いをこれからも持ち続けていきます」と話している。

 19日にはブライダル相談会、7月に25周年を迎えることにちなんでお得なウェディングプランもあり、気軽な問い合わせもPRしている。

写真=エグゼクティブミニスターの認定を受けた立山さん

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る