屍人荘の殺人(今村昌弘著 東京創元社)

 今回紹介するのは今村昌弘の「屍人荘の殺人」。人気作家が絶賛した作品で、神木隆之介主演で映画化も進められており、年内の公開が予定されている。
 主人公は神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲。推理好きの会長、明智恭介が興味を持ったのは、脅迫状が届くなどのいわくつきの映画研究部の夏合宿。同じ大学の探偵少女、剣崎比留子の3人で映画研究部員やOBらが集まる合宿に参加するためペンション紫湛荘を訪ねる。
 ペンションに集まったのは管理人を含め14人の男女。それぞれ思惑を抱えながらも和やかに展開するストーリーだが、肝試し中にゾンビが現れるという急展開を迎える。ゾンビは近くで行われていたロックフェスの観客で、物語の途中にフェスで化学兵器のようなものを用いたテロ活動の描写があるので、彼らの犯行というのは読んでいて推測できる。
 数人がゾンビに襲われたが生き残った合宿参加者は、階段にバリケードを作りペンションに立てこもる。混乱と不安が続く中、それぞれの部屋で眠りにつくが、翌朝、1人が死体となって発見される。体中にはゾンビに噛みつかれたような歯形が残る。一方で、ドアには意味深なメッセージが残される。肉をかみ切った歯形からして人間の犯行ではないことがうかがえるが、一方で知能の低いゾンビが手紙を残すことは考えられない。考えを巡らせて推理する主人公たちだったが、それは連続殺人の幕開けに過ぎなかった。
 「〇〇荘の殺人」とよくあるタイトル、中身もよくあるミステリーと思ったが、ゾンビ登場には驚かされた。さらにそのゾンビを使いクローズドサークル状態をつくり出すという発想も面白い。その中で起こる連続殺人。読み進むにつれどんどん引き込まれ、一気に読んでしまいたくなる作品です。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る