反日・反米で八方ふさがり

 9回裏、二塁打を打たれ、一打サヨナラのピンチ。1人で投げ抜いてきたエースに、コーチと捕手が駆け寄る。次打者は三番。ベンチの指示は「敬遠」。エースは不服ながら、苦笑いでうなずく。プロ野球ではこんなシーンがときどきある。

 1塁が空いたままでは、2塁走者をアウトにするにはタッチプレーとなるが、打者を敬遠して塁を埋めれば、フォースプレイで走者へのタッチはいらない。チームの勝利のために守りやすさを優先し、あえて最強の四番と勝負するという話。

 1950年6月、北朝鮮が中国、ソ連の支援を受けて突如、韓国に侵攻し、あっという間にソウルを占領、半島南端近くまで攻め込んだ。これを資本主義陣営に対する挑戦とみた米国は国連軍を編成して参戦、9月以降、一気に戦線を押し返した。

 奇襲のうえ米韓が同盟関係になかったため、形勢を逆転させるまでに約3カ月を要した。現在、米韓は同盟国だが、相互防衛条約に米軍の自動介入条項がないため、69年前と同様、すぐさま反撃はできない。

 野球でいえば、米韓同盟は得点圏に走者を背負いながら、常に1塁を空けているようなもの。そのかわり、即反撃の導火線となる在韓米軍が置かれているが、マティスヘッドコーチ(国防長官)が退団したいま、シリアに続く在韓米軍縮小、撤退≒同盟消滅の危機が高まっている。

 9回裏のピンチ。米韓チームのベンチは敬遠(制裁)を指示するが、投手の韓国大統領は従わない。敵に塩を送るかのようにど真ん中の甘い球を投げ続け、あわや本塁打のファウル(短距離弾道弾)も脅威ではないという。

 ここにきてウォンが急落、通貨危機も現実味を増すなか、反日・反米の大統領は北からも見放され、どうするつもりなのか。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る