印南町で乳幼児が避難訓練

 印南町印南、いなみっ子交流センターで開設している印南町ひまわり教室(育児教室)が17日、津波の避難訓練を行い、利用者の0~2歳までの乳幼児と母親、支援員、役場職員合わせて20人が参加した。

 同センターは乳幼児と保護者を対象に、さまざまな遊びを通して親子が触れ合う場。年間通してボール遊び、食育、クリスマス会など多彩な催しを行っているが、同センターが津波の浸水エリアとなっているため、もしもの場合に備えて近くの高台(海抜27㍍)となる印南避難センターまでの経路を知っておこうと、避難訓練は4年目となった。

 交流センターから避難センターまでの距離は約650㍍。母親は子どもの手をつないで歩いたり、抱っこやベビーカーに乗せたりして避難。道中は坂道があって大変だったが、子育て中のママさんは強しで、張り切って歩いていた。避難センター到着後は、5基あるかまどベンチや施設内の備蓄倉庫、授乳室などを見学。試食用に非常食の配布もあった。

 結婚を機に大阪から夫の実家の印南町に引っ越してきた木村理佐さん(36)は、娘の由理ちゃん(2)と一緒に参加し、「普段から避難ルートを知っておくことは大切だと思います」と話していた。

写真=乳幼児を抱っこやベビーカーで避難させる母親ら

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る