印南で中学生のサッカースクール始動

 小学生サッカーチーム・サザンクロスの竹谷竜児監督(34)が中心となって、中学生が気軽にサッカーを楽しめるスクールを4月から印南町若者広場で開講している。日高地方ではサッカー部のある中学校が1校だけで、クラブチームも少なく、中学生年代に機会を提供しようとスタートさせた。週1回ながら、毎回十数人が集まっており、サッカー人口増につながると期待されている。

 日高地方では小学生サッカーはまだまだ盛んで、7チームに多くの子どもたちが所属している。ただ、中学生になると競技人口は大幅に減少。気軽にできる環境とはいえないのが要因で、学校の部活にサッカー部があるのは御坊中だけ。クラブチームはベロー・ラ日高、由良FCの2チーム、田辺のカナリーニョに所属する選手もいるが、「サッカーは好きで部活にあれば続けたいが、クラブチームに入ってまではなかなか続けられない」という子どもたちが多く、そのままサッカーをやめてしまうケースが多い。再び高校でサッカー部に入る選手もいるが、中学3年間のブランクがネックとなって入部しない場合が多く、中学生年代の充実が日高地域の課題の一つとなっているのが現状だ。

 竹谷監督は「せっかく小学校でサッカーを好きになった選手たちに、少しでも長く続けてもらいたい」との思いから、昨年度のサザンクロスOBの保護者らと一緒にスクールを開くことにした。毎週月曜午後6時半からナイターで行っており、サザンクロスのOBら毎回10人以上が集まっている。部活では陸上などほかの競技をしているが、サッカー好きばかりで、ミニゲームでは笑顔いっぱいに楽しむ姿がみられている。高校でまたサッカーをやりたいという選手もいて、今後につながるいい機会になっている。

 参加費無料で、スポーツ保険加入料だけ必要。いまは印南町、みなべ町、御坊市名田町のサザンクロスOBだけだが、地域や男女は問わず、初心者も大歓迎。「指導が目的ではなく、自分たちで楽しんでもらえるように、ミニゲームを中心にしています。高校にもつながってほしいので、見学や体験だけでもいいので気軽に遊びに来てください」と話している。

写真=楽しくボールを蹴る参加者

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る