南方で戦死した小谷さんの日章旗 ふるさとへ戻る

 1911年(明治44)11月30日生まれの小谷伍長は、太平洋戦争に出征し、陸軍歩兵第61連隊に所属していた45年3月3日、ブーゲンビル島で戦死したという記録が残っている。出征日やいつ南方に向かったのかなど詳しい記録は残っておらず、遺骨や遺品などもなかった。ブーゲンビル島は終戦まで戦闘が続き、2、3万人の日本兵が戦死したといわれる激戦地。43年には山本五十六連合艦隊司令長官が敵機に撃ち落とされて戦死した場所でもある。

 日章旗は戦利品として米兵が持ち帰っていたとみられ、亡くなった所有者の遺族が遺品整理している際に見つかったという。日章旗など遺品の返還に取り組んでいるアメリカの非営利団体、OBONソサエティを通じて日本遺族会に問い合わせがあり、同姓同名が2人該当し、調査の結果、和歌山県出身と判明。県遺族会長を務めるみなべ町北道の杉本正博さん(75)らの尽力により、一美さんへの返還が実現した。

 みなべ町役場で返還式が行われ、小谷芳正町長、杉本会長、みなべ町遺族会の西山博康会長、天野仁副会長の立ち合いのもと、一美さんに手渡された。日章旗は縦約70㌢、横約100㌢の絹製。「祝小谷幸一君入営」と大きく書かれ、入営を祝う寄せ書きがずらり。「徹心開運」「忠誠」の言葉とともに、大佐や大尉、中尉、少尉ら上官の名前がぎっしりと書かれており、国のために身を捧げた当時の思いが伝わる。保存状態もよく、小谷町長らは「持ち帰ってそのまま保管していたのだろう」「74年ぶりに戻って来るなんて、奇跡」と思いをはせた。

 一美さんは、幸一さんとの面識はなく、父の与一さん(享年79)から「弟は戦死した」ということしか聞かされていなかったという。日章旗と対面し、「(叔父は)家に戻ってきたかったのだと思います。仏壇に供えて、父に『弟が帰ってきたよ』と報告したい。来年は父の三十三回忌があるので、一緒のお墓に日章旗を入れてあげることも考えたい」と話した。

 杉本会長は「この日章旗が、戦争は二度としてはいけないということを、多くの人に知ってもらうきっかけになれば」と平和への思いを新たにしていた。

写真=姪の小谷さん(左から2人目)に返還された日章旗

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る