令和時代に活躍を

 新時代、令和がスタートした。昭和生まれの筆者にとっては3つ目の元号となる。ショッピングモールなどには令和を記念したさまざまな商品が並ぶほか、テレビでは5Gなど令和の時代に始まる新技術などの話題でにぎわっていた。

 本紙でも1日付で、令和に活躍が期待される日高地方出身の3人を特集した。スポーツ選手とお笑い芸人、モデルの3人で、筆者は芸人とモデルの2人を取材した。

 芸人は日高町池田出身、東京在住で、大手芸能事務所ワタナベエンターテインメント(ナベプロ)に所属するお笑いコンビ「ファイヤーサンダー」のボケとして活躍している﨑山祐さん(28)。昨年のABCお笑いグランプリで東京勢として初の優勝を飾り、業界で一目置かれる芸人に。ことし3月には自身がお笑いに興味を持つきっかけとなった番組「爆笑オンエアバトル」に出場するなど、着実に芸人としての歩みを進めている。

 モデルは御坊市出身の坂尻夏海さん(18)。高校2年生のとき、オスカーが実施する第15回国民的美少女コンテストで応募者8万1500人の中から最終の40人まで残ったことをきっかけに、オスカーに所属。高校卒業後は東京に移り、本格的に活動を開始。いまはレッスンに励むとともに、仕事の獲得に向けさまざまなオーディションに挑戦中だ。

 﨑山さんは「いつか和歌山で単独ライブができれば」、坂尻さんも「和歌山をPRできるようになれば」と、将来、和歌山のため何かしようという気持ちを話してくれた。2人とも活躍の場は東京と、当地域からは遠いが、坂尻さんは動画配信型のオーディションも行っているほか、﨑山さんもツイッターなどで日々の活動を公開。SNSなどを通じて、2人の活躍を応援していこう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る