仕事の感覚をリセット

 ゴールデンウイーク明けから取材の担当エリアが変わり、まだまだ慣れない。大事には至っていないが、ちょっとした勘違い、ミスも出ている。先日、会社に届いたメールをチェックしていたところ、「和歌山県立南部高校」から届いた別の記者宛ての依頼を取り込んでしまい、取材日直前まで気が付かないことがあった。4年間お世話になった美浜町から日高川町に移り、自分のエリア内の「和歌山南陵高校」とうっかり思い込んでしまったため。「和歌山」と「南」が同じというだけであり、中身をよくチェックすればよかったのだが、それを怠った。心を落ち着かせて仕事をする必要があると改めて感じている。

 仕事でも人生でもそうだと思うが、経験を積んでいくと、先入観に支配されることが多くなる。何も知らないまっさらな状態だと、しっかりと確認してから行動するものだが、過去に経験したことだと「これは、こうだ」と頭の中で勝手に決めつけ、誤った方向に進んでしまうケースも出てくるのだ。前出のうっかりも、そういうものの一例であろうか。

 以前、バラエティー番組で赤ワインと白ワインを目隠しした状態で飲んで、赤ワインがどちらか当てられるか、芸能人が試されていた。結果は正解者の方が少なかった。人間の経験値なんてものはその程度であり、視覚を遮られると味覚にも影響を及ぼし、絶対に間違うはずがないと自信を持っていても絶対はない。赤ワインを飲んだことがある経験も、当てにはならない。

 4年ぶりの担当変更。記事を探して書くのは大変だが、新たな出会いが次々とあり、毎日新鮮。新天地では仕事の感覚を一度リセットして、初心を忘れず頑張ろう。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る