ポーランドの柔道選手が由良でSOメンバーらと交流

 ポーランドの柔道チーム「UKS柔道クラブ」が24日から由良町を訪れ、26日には町武道館で、知的障害を持ちながら柔道に励んでいるスペシャルオリンピックス(SO)日本・和歌山柔道部会のメンバーらと交流した。

 UKS柔道クラブは同国のトップレベルの中学生や高校生で、指導者は五輪出場選手のアルツール・クリスさん(36)、アトランタオリンピック金メダリストのパウエル・ナツラさん(48)ら。昨年夏にNPO法人judo3・0の国際交流プロジェクトで同町を訪問し、地元の柔道選手らと交流した縁で、今年もメンバー17人が訪れた。

 交流会にはスペシャルオリンピックスの和歌山柔道部会、大阪部会、健常者の打田柔道スポーツ少年団から23人が参加。午前中の開会式には聴覚障害者の国際大会「台北デフリンピック柔道」の金メダリスト山田光穂選手も出席。スペシャルオリンピックス日本・和歌山の神谷尚孝会長は「日本とポーランドの友好が始まってちょうど100年。柔道を通じてさらに交流を深めてほしい」とあいさつ。このあと、紀の川市に拠点がある社会福祉法人「一麦会ポズック楽団」が日本文化のちんどんパフォーマンスを披露した。午後からはゆうRECでべその会の濵出將俊会長がレクリエーション進行し、チーム対抗の輪投げやお手玉など遊びを通じてポーランドの選手と日本の選手が交流を深めた。

 本紙の取材に対し、アルツールさんは「ポーランドでも知的障害を持ちながら柔道に取り組んでいる組織があるが、障害のある人の自立や社会参加を支援する活動がとても重要なものとして大切にされています」、パウエルさん(48)は「日本の選手たちも真面目に練習し、楽しく柔道に取り組んでほしい」と話していた。

 スペシャルオリンピックス日本・和歌山柔道部会を立ち上げた同町網代の楠山光一さん(54)は「日本で始まった柔道を通じて外国人と日本の子どもたちが交流し、国際感覚を養ってもらえれば」と期待を込めた。UKS柔道クラブのメンバーは6月8日まで由良町で滞在し、箕島中学などで合同練習を行っている。

写真=輪投げで交流するポーランド選手と日本選手

関連記事

フォトニュース

  1. よいしょっと

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る