ノースライト(横山秀夫著 新潮社)

 前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を生き抜いた雇われ建築士で、これといった事件や殺人は起きません。自分が設計した家から消えた施主一家、その家に残された一脚の椅子をめぐる謎解きを軸にいくつもの出来事が重なる。追い詰められて人生をかけた勝負に挑み、すべての謎が解けた先に、夫として、父として、建築家として忘れていたものを取り戻します。

 あらすじ 大学時代の友人岡島が所長を務める小さな設計事務所で働く青瀬は、次々と舞い込む依頼を無難にこなすだけの毎日。ある日、どこか陰のあるクライアントから「あなた自身が住みたい家を建ててください」と依頼され、北の窓から差し込むやさしい光「ノースライト」を取り入れたこだわりの設計で、久しぶりに自分も施主も満足できる家を建てた。しかしその後、だれもが住みたいと思うその自慢の家に、施主一家が暮らしていないことが分かる。青瀬が家を訪ね、開いていた玄関から中へ入ると、そこには建築界の巨匠、ブルーノ・タウトの椅子だけが残されていた。一家はなぜ、どこへ消えたのか。青瀬は1人でその謎を追うが、岡島が事務所の命運をかけて、公共事業のある画家の記念館を建てるコンペに挑むことになり…。

 張り巡らされた伏線、長編を読ませる練りに練られた構成は今回もすばらしい。ただ、気になるのはこの作家のくせなのか、言葉の端折りが過ぎるところがあり、2人の会話がどっちのセリフなのか、突然、なんの話か分からなくなるところがいくつかありました。とはいえ、血なまぐさい事件はなくても、ドラマは作者史上最も美しく重厚。人間臭さ全開、親友と家族の熱い想いが胸に迫り、生きる力を得た気がします。

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る