ジャズのルーク・トリオ 26日に御坊でコンサート

 ジャズグループ、ルーク・ギレスピー・トリオのコンサートが、26日午後2時から御坊市民文化会館小ホールで開かれる。メンバーは、アメリカを拠点に活動するジャズピアニストのルーク・ギレスピーさん、御坊市出身のベーシスト芝田奨さん、京都府在住のドラマー齋藤洋平さんの3人。芝田さんは「この機会に、生のジャズ演奏をお楽しみください」と来場を呼びかけている。

 ルークさんは宣教師の父の関係で京都市のバプテスト病院で生まれ、大阪で18年間過ごした。幼少期からピアノを学び、中2の頃からジャズに関心を持ち、アメリカ・インディアナ大学ジェイコブズ音楽院でクラシックとジャズの両方を勉強。現在、同音楽院ジャズ科の教授を務める。演奏ツアーでヨーロッパ、中国、日本をたびたび訪問。3年ほど前から芝田さんと共演している。

 芝田さんは日高高校時代、ジャズ・ビッグ・バンドでエレキベースを始めた。その後、大学生の頃からウッドベースを始め、大阪センチュリーオーケストラの坂倉健氏に奏法を師事。バンドリーダーを務めるほか多くのジャズバンドで活動。タップダンサー、二胡や箏の奏者らさまざまな分野のアーティストとも共演するなどジャンルに捉われない音楽活動を行っている。海外アーティストとの共演も多く、柔軟なプレースタイルに定評。ライブ、テレビ出演、レコーディングなど関西を中心に全国的に活動中。

 齋藤さんは島根県出身。京都アンミュージックスクールでドラムを学び、山野ビッグバンドコンテストでスイングジャーナル社賞を受賞。2010年、アメリカ・ニューオリンズで開かれたフレンチクォーターフェスティバルに日本人として初めて出演。現在は篠崎雅史バンドなどのバンドで活動中。

 当日は、ルークさんのオリジナル曲「ブルース・フォー・オール」や「ムービング・ミスト」、古いスタンダードナンバー「ホワット・イズ・ディス・シング・コールド・ラブ」などを演奏する。入場料は一般2000円、学生1000円。チケットの問い合わせは芝田さん℡080―3036―6090。

写真=御坊市出身の芝田さん

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る