カフェ「萩」に笑顔集う

 日高町小池の奥田洲子さんが月、水、金曜の週3回限定でカフェ「萩」をオープンさせた。方杭の温泉館に勤めていた頃、入浴客のお年寄りから「温泉に入ったあとどこで時間を潰そうか」「どこも行くとこないよ」などの声をよく聞いたことで、「高齢者の居場所をつくりたい」と長年思い描いていた夢。自宅を開放して、だれでも自由に交流できるサロンのような場で、オープンまでこぎつけた奥田さんの行動力に感心させられる。

 同町内では、町が2018年度から世代を超えた交流の場として地域カフェ(サロン)を開設。地域を巡回する形で行っているが、他市町のサロンと比べ回数的にまだまだ充実しているとはいえない。そんな中、今回のように民間主導で憩いの場となるカフェがオープンしたことは、まちの福祉充実の観点から頼もしい話で、よいモデルケースになるのではないだろうか。

 もちろん、萩のオープンは、奥田さん一人の力ではなく、仲間の協力も欠かせなかった。奥田さんの強い思いに賛同して、みんなボランティアでの協力。今後も多彩なプログラムを計画しており、おはなしの会の読み聞かせ、英会話、ハミング、クエ体操、ボケ防止体操、そろばん、料理、手芸、折り紙、囲碁・将棋、マージャン、頭の体操、悩み相談なども行っていくという。

 みんなそれぞれ無理をせず、自分ができる範囲で頑張る。そういったゆる~い感じでのスタートが、より一層協力の輪を広げたのではないだろうか。今後長続きさせていくためにも、ゆる~いスタンスがちょうどいい。運営する側も来場する側もみんなが笑顔になれる場になることを期待したい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る