みんな、会いに来てニャ~

 白浜町で「猫と過ごすバリ風民宿Meong(ミーオング)」がオープン。3匹の猫が女将や仲居を務め、お客をもてなしている。

 経営は和歌山市のデザイン事務所の㈱エヌ・ケイ・ステーション(中本活美代表取締役)。7年前に同社に入り込んできた野良猫にエサを与えるなど世話をしたところ、そのまま住み着いたので「社員」として迎えたという。その後も捨てネコなどを社員として起用する「にゃんこ上司制度」を行っており、野良ネコの殺処分ゼロを目指した保護活動に取り組んでいる。同社では現在10匹のネコを社員として雇用している。

 今回の「猫と過ごすバリ風民宿Meong」にも野良ネコの保護活動団体「城下町にゃんこの会和歌山」などから譲り受けたネコをスタッフとして採用。2歳(推定)のメス猫「はつこ」が女将、1歳(同)のメス猫「きの」が仲居、1歳(同)のオス猫の「まりん」がコンシェルジュ。このほか人間の社員は2人。部屋は4・5畳から8畳まで計6室を完備しているほか、猫が住み込むスタッフルームも備えており、猫たちが民宿で一生楽しく暮らせるようになっている。昨年12月から試験的にオープンし、これまでに観光客だけでなく地元の猫好きの住民らも宿泊。「猫と触れ合えてうれしかった」「チェックアウトで猫と離れるのが寂しい」という声も聞かれている。猫たちと会うために泊まりに来る宿泊者もいるという。

 チェックインは午後4時から9時まで、チェックアウトは午前9時から10時。猫も気分によっては、出入り口でお出迎えやお見送りをしてくれる。宿泊は素泊まりで1人3330円(税込)から、温泉入浴券込み。食事はないが、持ち込みはOK。詳しくは同民宿℡0739―34―2876。

写真=ネコ3匹と人間スタッフでもてなし

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る