みなべのふるさと納税返礼品 詰め合わせを一新

 みなべ町の7店舗のおかみさんでつくる「おかみ元気会」(岩本恵子会長)は、加盟店のうち6店舗で製造・販売している特産品を詰め合わせた「みなべの玉手箱」の中身をリニューアル。新元号になったのを機に「令和版」としてバージョンアップし、梅干し、金山寺みそ、南蛮焼き、餃子、ロールケーキ、紀州備長炭とみなべを代表する逸品ばかり。ふるさと納税の返礼品にも登録しており、全国に魅力を発信する。

 みなべの特産品をアピールしようと数年前に玉手箱をつくり、2016年1月からはみなべ町のふるさと納税の返礼品としても人気を集めている。新元号がスタートしたのに合わせ、中身をグレードアップし、箱の帯に「令和」の文字も入れる令和バージョン(8月末まで限定)にした。

 中身は、おにぎり用に考案した、甘過ぎずしょっぱ過ぎず子どもからお年寄りまで人気の「おにぎり梅干」(ぷらむ工房)、国産原料にこだわり昔ながらの製法で仕込んだ「金山寺みそ」(ちぐすや商店)、新鮮なエソ・グチを原料に冷凍すり身は一切使用していない紀州の魚の味を楽しめるかまぼこ「南蠻焼」(福荘)、みなべで人気の手作り梅餃子「餃子とみそダレ」(北京飯店)、みなべの梅・露茜を使用した人気のロールケーキ「みなべの露あかね」(かつら堂)、ウバメガシの木を炭にした最高級備長炭で、消臭やインテリア、炊飯、飲料水用としても使える「紀州備長炭」(正実商会)の6品。いずれも各店自慢の逸品で、みなべを代表する特産品をそろえ、まさに玉手箱に仕上げた。

 ふるさと納税返礼品では毎年人気があり、令和バージョンでさらに注目を集めそうで、みなべの特産を全国にアピールする絶好の機会となりそうだ。各店でも3560円(税込み)で予約販売する。

 岩本会長は「みなべの魅力が詰まっています。ふるさと納税返礼品として、全国の皆さんに知ってもらうことで、みなべをPRできれば」と話している。

写真=新しいみなべの玉手箱を手におかみ元気会のメンバー

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る